読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンダァゼロ復刻版

歌うワラーチストの備忘録

XERO SHOES Z-TRAIL感想(雨天・アスファルト)

f:id:wonderzero:20160913195546j:image

 

手作りワラーチから市販品に目を向けさせてくれたTevaがくたびれて来たので、後継を探そうと御徒町のアートスポーツで見つけたXEROSHOESのUmara Z-TRAIL。

 

高い。はっきり言って見た目の割には高い。

しかしニア裸足族は忘れていた。

自分がなるだけサンダルで過ごそうとしていても、一般にサンダルは季節商品という事を。

季節商品はシーズン逃すとてきめんに入手が困難である事を!

 

(昔カレンダー売ってたけど、5月位に欲しいと言われても在庫倉庫に持ってないから)

 

ニア裸足族は焦っていた。

興味あったルナサンダルがさっぱり見つからず、どうしようかと思ってXERO SHOESを見たら「意外とデザイン悪くないんじゃない?」

と思い履いてみたら快適だった。

この際価格には目を瞑った。

 

ガキなので帰り早速履き替えて上野の街をペケペケ歩いてみた。快適だ。

ビブラム単板のワラーチに一寸似てる底の素っ気なさ。懐かしい。

 

写真で右足首に湿布貼ってるが、Teva時代からこさえた捻挫5秒前。多分底厚のTevaで足の運びがガツガツ乱暴になって来てる為と思われる。

この状態でのペタ底が良いか悪いか何ともはやなのだが。

 

Umaraに話を戻す。

このサンダルが真価を発揮するのは雨天時、水辺なのではないか。

 

雨の日はいっそ水濡れを前提にビーサンで通勤するのだが、通勤路が県道沿いの歩道で兎に角道が悪い。ガタガタだし水も溜まりまくる。

このサンダル、足裏触れる面が濡れても比較的サラサラとした素材(使い込んだら分からんが)で、水濡れの不快感がグンと下がる。

金具もないミニマムなデザイン、濡れて困る事は多分ない。

特に滑る感じもなく、頼もしい一品である。

 

雨の日で一気に評価アップである。

や、勿論晴れの日も悪くないよ?

 

濡れたら駄目なサンダルというのは使い辛い。

雪駄を断念した理由はそこである。

一寸XEROSHOESについて調べてみよう。