読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンダァゼロ復刻版

歌うワラーチストの備忘録

歩く事の健康への寄与

わたくしスッゲエ頭痛持ちである。

 

乱視軽い近視脊柱側弯30度、おまけにストレートネックである。

スマホでゲームできない理由は眼精疲労になるからである。

 

落としてボコボコなiPhone5sを使っているがアラームとTwitterとメモが主で(このブログもスマホで書いてる)、Kindleも程々にしたい。

 

あ、あとNIKEのランニングアプリ。

これはいい。実に便利。

 

f:id:wonderzero:20160625172852p:image

 

未だ歩き時々走りのビギナー故タイム(ひどい)は気にしてないが、距離と時間が分かってラクでいい。

たまに安田美沙子が「この調子で頑張ってください〜」とか喋る。

当初軽くイラっと来たものの、たまに発生するイベント性に、安田嬢の声を聞けるのが楽しみと化してしまい、完全にアプリ製作者の思うツボである。

 

 

又話が逸れた。

 

 あてくし営業の前は数年コールセンターの仕事をしていた。

クレームで心は荒むが、それより何が一番問題か。

pc入力作業が多い場合頭痛と頸がキツイ。

更に待機が仕事の一部だから、座る時間が長く運動不足で太り易いのである!!!

 

これらの対策に、コールセンター中後期から歩くのを多めにした。

市ヶ谷の出版社で働いてた頃は、市ヶ谷から新宿まで地下足袋で歩いて帰っていた。

別に地下足袋でなくても良い。ここは私の趣味である。

 

営業がボロッカスに合わなかった自分だが、一つ「痩せた」と言う多大なる恩恵を受けた。

20代の水準を取り戻したのだ。これはデカイ。

業種がらクライアントが辺鄙な所に多く、駅から徒歩片道20〜30分の立地とかザラ。そこをスタッフ引率で2往復なんてのもあって。

まあ食事と睡眠が滅茶苦茶だったのでいい痩せ方ではなかった。

今は2㎏位戻ったが、スクワットやダンベルトレーニングをして筋肉は増えたと思う。

 

現在ウエイトコントロールと立ち仕事の疲労回復として、職場最寄駅-職場間の往復4㎞を歩いている。

それだと運動量が足りないので、家の最寄駅から家の間1〜6㎞を、極力歩く様にしている。

 

最近体重増加防止の観点ばかりだったが

(あと一人で歩くのが大好きで、混雑したバスに乗るのが嫌と言うのもデカイ)

側弯でバランス悪い身体で、直ぐ疲れで右脚の痺れや背中痛になっていたのに、気付けばそれが殆んどなくなった。

また営業時代、同僚に顔を顰められるレベルだった頭痛薬の使用頻度も、極端に減った。

 

多分コンスタントに歩いている為だろう。

特に眼精疲労には歩くのがいい。

金もかからず特段道具も手間も要らない。

オススメである。

 

また、震災等の有事で歩いて家に帰れる程度の脚力(体力)と装備は、最低限必要だと思う。

 

取り敢えず余り疲れてなければ6kmは一度に歩けると言うのは判明している。